お金が借りれない

お金が借りれないなら、僕でも使えたこのキャッシングがオススメ!

僕は大学を出た後、大学生の頃からお世話になっている飲食店でそのままアルバイトを続けています。もともとこの仕事好きなんですよね。大学生の頃もけっこう学業そっちのけでアルバイトに励んでいたりもしたんです(笑)。学業も終わって、一日ガッツリ職場で働けるようになって、むしろ毎日は充実するようになった気がします。

日常生活で特に不自由はしてないんです。職場の人たちともうまくやっているし、学生時代の友達も近所に住んでいるので、いまだにみんなで集まってワイワイやったり。ホント、充実していると思います。

唯一、ちょっと不安に思ってたのはお金だったんですよね……。ほら、毎日は充実しているとはいっても、僕、アルバイトじゃないですか。給料はやっぱりそれ相応で、贅沢をせず、ちゃんとやりくりさえしていればトントンってところなんです。

何事もなければ問題はないし、特に贅沢をしたがるような性格でもないので、普段はまず困ることはないんですが、やっぱり付き合いとかで、急に出費が出たりすることもあるんですよ。この間も僕の一個下の後輩が卒業と同時にアルバイト辞めるってことになって、それで職場の仲間で送迎会だったりプレゼントだったりを用意することになって。

こういうときにお金のことうんぬん言うのはすごい嫌なことだってわかってますが、正直言うと「あ~、ちょっとヤバいなぁ~」って思ってました。こういうことがあると、たいてい赤字なんですよ。次の給料で補填はできるけど、その月の食費とか家賃とかの支払いもあるから、それまで待てるか微妙なトコなんですよ。

そういうことを特に仲良くしてもらってる先輩にちょろっと話したら、「それならキャッシングとか使えばいいんじゃない?」って言われたんです。実はそれも考えたことあったんですけど、僕アルバイトじゃないですか。あんまり見込みないんじゃないかなって思って、そのままうやむやになってたんです。でも同じ立場にあるその先輩も実はそのキャッシングを利用してるってそのとき教えてくれて。びっくりしちゃいましたよ!

それでさっそくその先輩が使っているキャッシングを教えてもらって、利用させてもらいました。自分がお金が欲しいときにすぐにお金を融資してもらえるけど、必要なかったら別に使わなくてもいいってやつです。

そのキャッシングを契約して、ちょうどまた急な出費があったんです。友達のお見舞いを出さなきゃいけないことになったんですが、普段なら気落ちするところをさっそくキャッシングしてみました(笑)。アッサリ借りられちゃって、これなら悩んでないでさっさと利用すればよかったって思いましたね。

これでもうこの生活に不安がなくなりましたよ!普段は自分の給料でやりくり、急な出費は契約したキャッシングでOK。急な出費が来たときに思わず嫌そうな顔をしなくて済んで助かってます。

信頼できる?ネットの消費者金融情報には巧妙な落とし穴もある!

インターネットの世界には消費者金融の情報も数多く掲載されていて、業者選びには非常に役立つものも多く存在しています。しかし、その全てが有益な情報とは言えず、中にはいかにも正規業者であるように見せかけた巧妙な”公式サイト”を作り、利用者を罠にかけているものもあるのです。

では、そのような罠に引っかからないためにはどうしたらよいのでしょう。いかにもそれらしく振舞われてしまったら、手の打ちようはないのでしょうか。

正規の貸金業者は必ず届け出をして、登録番号を発行されています。その登録番号は金融庁のホームページで検索することができ、ヒットしない場合は違法業者であると判断することができます。また、同業者で組織する貸金業協会などの団体にも加盟しており、その団体のホームページから加盟状況をチェックすることもできます。

消費者金融業者は公式サイトに必ずこれらの情報を明記していますので、これが記載されていない業者を利用するのは避けましょう。また、もっともらしく登録番号を偽っていても、先に書いた方法で嘘を見抜けますから、たとえ手間ではあってもチェックするだけの価値はあると考えますがいかがでしょうか。

インターネットがどんどん進化していく分だけ、その中に犯罪の芽が出てくることは残念ながら否定できません。ちょっとしたサイトを作るくらいであれば、ある程度の知識を持った人間であればたやすく作り上げることができるものですから、それに対抗しうる最低限の知識はもっておきたいところですね。

ほんの十数年で大きく変化したキャッシングの歴史は今後どうなる?

キャッシング業界の歴史はそんなに長いものではなく、今の消費者金融会社や銀行のキャッシングローンも第二次世界大戦前から続くような老舗などというものはありません。サラ金や消費者金融という言葉が生まれ、サラリーマンをはじめとする個人向けの融資が盛んになったのも50年ほど前のことからなのです。「金貸し」というのは奈良時代からあり、江戸時代には幕府が年利を決めていたといわれていますが、今のキャッシングローンにつながっているものではありません。

そんな短い歴史の中で、キャッシング業界は大きな変化をしています。それは利息の引き下げであったり、多重債務にならないような融資限度額の設定であったり、過剰な取立ての制限であったりと多岐に渡っています。

ところで、みなさんはキャッシングのメイン企業である消費者金融会社の利益の源は何かご存知でしょうか。それは利用者から支払われる利息がほとんどで、きっちり返してもらうことが規模の小さい会社になればなるほど重要になってくるわけです。そのため、返済に遅れた利用者に対しては脅しのような手段を使ってでも回収しなければと躍起になったのもわかるような気がします(もちろんそれがいいことではありませんが)。

そんな消費者金融界会社の利益の源である利息は、2010年の法改正全面施行によって大幅に引き下げを余儀なくされました。それまでグレーゾーン金利と呼ばれて問題視されていた金利の最高利率は29.2%。今は10万円以下の融資でも最高20%ですから、業者にとっては大打撃となったことは間違いありません。それに加えてそのグレーゾーン金利による「過払い返還請求ブーム」で経営難に陥った業者も多く、貸金業者の数そのものが大きく減少したのもここ数年の流れです。

監督官庁である金融庁の発表によれば、平成16年に約24,000社あった貸金業者は法改正の施行された平成22年には約4,000社へと激減。さらにその翌年の平成23年には約2,600社へと数を減らしています。その後はなだらかな減少になっていることから生き残り競争に一段落といったところでしょうが、最高で4万社を超えていたことから考えると「栄枯盛衰」の波が激しかったことをうかがい知ることができます。

今後、政策や経済状況でどのようになるかは変わるのでしょうが、キャッシング事業への銀行の積極的な参入や正規雇用から非正規雇用への流れ、少子高齢化の波も大きくなる一方の現状から考えると、消費者金融業界にとってはさらに厳しい時代が続くのではないでしょうか。

バンクイックはATM手数料無料!借り入れも返済も近所のコンビニでOK

カードローンの利用で重宝するのがコンビニATMとの提携ではないでしょうか。専用のATMや提携銀行のATMは近所にあるとは限りませんし、営業時間も限られたものになってしまうので、近所のコンビニで夜間でも借り入れや返済ができるというのは大変便利なことです。急な出費でカードを使いたいときや返済期日の夜に返さなきゃいけないことに気づいたときなど、その活躍の場は決して狭いものではありません。

コンビニATMを利用する上で注意しなければいけないのは、やはり手数料の問題でしょう。カードローンによっては105円~210円の利用手数料がかかるものもありますから、何度となく利用しているうちにその負担は大きくなっていきます。1回ごとの手数料が少額なので実感は湧かないかもしれませんが、単純に210円5回で1,000円を超えるということを考えると、便利とはいえなんとも勿体無い気分になる話ではあります。

バンクイックもコンビニATMを利用できるカードローンのひとつですが、その利用手数料は金額・時間帯に関係なく無料なのが利用者にとって優れた点です。融資を行っているのが銀行(三菱東京UFJ銀行)であるため、法律による手数料の縛りがないことが、無料でATMを利用できるメリットのひとつになっています。

カードローンを選ぶとき、借り入れ方法や返済方法の便利さとお得さを比較することも忘れずに行いたいものです。ましてバンクイックの場合は金利(利息)の面でも他社より低いと言えるものですから、候補のひとつにしない手はありませんよ。

プロミスには年収制限のある商品とない商品があるのをご存知ですか?

プロミスは認知度も利用度も高い、おおて消費者金融会社です。それはみなさんもよくご存知だとは思いますが、では、プロミスが取り扱っているローン商品はどんなものがあるかまでご存知の方はどれくらいいらっしゃるでしょう。

多くの方に知られ、利用されているローンは「フリーキャッシング」というカードローンです。このローンには「貸金業法」に基づく融資の制限(総量規制)が適用され、借り入れは他社(銀行を除く)分も合わせて年収の1/3までとなっています。自分の年収が借り入れ限度額の基準になっているローンというわけですね。

プロミスはその他にも「おまとめローン」や「自営者カードローン」、「目的ローン」といったものが用意されています。このうち「おまとめローン」は他社の借り入れを返済し、プロミス一本にするのが目的のため、年収による総量規制の対象にはならず、カードローンのように繰り返し借り入れができるというものでもありません。

「自営者カードローン」は事業用としても利用できるため、こちらも総量規制の対象にはなりません。自営の経営状態などが審査されるためフリーローンよりは厳しいものになりますが、健全経営をしていれば問題はないでしょう。

「目的ローン」は結婚資金や教育資金といった目的がハッキリしている方に融資をするものです。カードローンのように何度でも借り入れができるというものではなく、返済方法は回数を決めるか毎月の支払額を決めるかした上での口座引き落としとなっているのが特徴です。

プロミスのローンというと、フリーのカードローンだけと思っている方が結構多いのですが、実際はこのように用途に合わせた商品があるんですよ。

自信を持てば安心もできる!カードローンの申込みで気をつけたいこと

カードローンを申込む際、人それぞれに不安の抱き方も違っているようで、初めて利用する人には申込み方法や審査そのものが良くわからないという不安、他社から借り入れをしている人には今の利用状況で審査に通るんだろうか、いう不安などがあったりします。

初めての方にはまず「信用情報にキズがない」という最大の武器があることに自信を持ちましょう。審査は申込み書類だけでなく、その人の借り入れに関する情報を登録機関から取り寄せて行われます。その情報には、他社からの借り入れ状況や返済の延滞などが記されているのですが、初めてなのですからその情報は至って綺麗なわけですし、その分だけ有利になっていると考えましょう。もちろんそれだけが審査の対象ではありませんが、今のお勤め先に入社したてというわけではなく、安定した収入を証明できるのであれば、不安に駆られる必要はありません。より安心して申込みたければ、希望融資額を本当の必要額にとどめておくことです。希望融資額が多ければ多いほど、審査が厳しくなっていくのは想像できると思います。

他社からの借り入れがあって不安という方には、今までの取引で延滞などのキズをつけていないかどうかを自問してみましょう。年収に対する融資額の合計が3分の1に近い状態になっていなければ、他社との取引にキズがないというのはむしろ信用できると判断される材料にもなります。他社との取引額に気を取られて申込書に嘘を記入したりすることは、審査の間も不安が増大しますし、信用情報でまずバレてしまいますので正直に現状を申し出るようにしましょう。嘘をついているのとついていないのとでは、それだけで不安の大きさにも違いが出てくるものですよ。

バイトもパートも申込める!バンクイックの内容を知っておこう!

アルバイトやパートでお仕事をしている方もお金を借りなければいけないときというのはあると思います。いや、かえって正社員の方よりもその機会は多いことでしょう。そして今、消費者金融だけでなく多くの銀行でもパートやアルバイトでのお勤めの方にも融資を行っています。かえって対象外にしているのは一部の銀行だけです。

そうなると、より有利で便利な融資を受けたいですよね。そんな方にはまず銀行のカードローンをオススメします。その理由のひとつはやはり金利が低いこと。消費者金融の金利も下がっているとはいえ、やはり銀行よりちょっと高めなのは否めません。もうひとつは利用しやすさ。カードローンであれば返済も借り入れもATMでできるので、近所のコンビニでも利用できるものを選ぶのが何かと便利でいいですよ。

そんなこんなでオススメしたいのが、「バンクイック」というカードローンです。このカードローンは都市銀行である三菱東京UFJ銀行の商品なので、金利も低めですし、提携コンビニATMも無料で利用できるのが大変魅力です。

東京などの大都市圏にお住まいでない方にとって、「ウチの近所にUFJ銀行ないもん」という方が大多数になってきますが、申込みはネットや電話、郵送でもできますので銀行へ出向く必要はありません。また、カードを利用するのにUFJ銀行の口座を持っていなくても問題はありませんから、発行されるカードで取引するに事足りるので、日本全国の方に利用可能なものとしてオススメします。

学生さんや専業主婦でも申込みOKなバンクイック。アルバイトやパートの皆さんも自信を持って申込みしましょう。

銀行?サラ金?カードローンは個人の状況に合わせた選び方をしよう

かつては敷居が高かった銀行からの個人融資も、最近では親しみやすい名称が付けられたり、TVやサイト内での広告を頻繁に見かけたりと、ずいぶん身近になってきました。同じ個人融資を行っているのが消費者金融会社ですが、銀行と消費者金融会社との間には手軽さという面で、すっかり差がなくなったようにも感じられます。しかし制度上では違いもありますので、ローン選びの参考にしてみてはいかがでしょうか。

まず、消費者金融会社の場合、ほとんどが本人に一定の収入のあることが大前提となります。このことに頭を悩ませるのが専業主婦や学生のみなさんです。たとえご主人やご両親に安定した収入があっても、ご自身に収入が無ければ消費者金融会社は申込みの受付けをしてくれません。「ずいぶんと冷たいじゃないか。」と言われてしまいそうですが、その根拠が法律で決められていることなので、違反してまで、というわけにはいかないのです。個人の年収の3分の1が融資総額の限度とされていますから、本人に収入がないということがそのまま申込み不可となってしまうのです。

では、銀行もそうなのか?となりますが、敷居が高いと思われがちな銀行の方が、専業主婦や学生さんでも申込み・融資が可能なものもあったりします。それは、消費者金融と銀行とでは対象となる法律が違うため、本人に収入が無くても、ご主人やご両親の収入で借り入れができる商品を銀行は展開することができるというわけです。

お勤めされていれば、パート・アルバイト・正社員を問わず多くの銀行、消費者金融業者に申込みをすることができます。収入と申込み金額のバランスを考えて、無理のない金額設定を心がけましょう。

モビットからの借り入れは、繰り上げ返済で支払い総額を抑えよう!

借り入れをするということは、その時点から返済の契約もスタートするということです。毎月一定の金額を支払うことによって、元本と利息を納めることになります。その返済方法は、口座振替であったり、指定口座への振込みであったり、カードローンならば提携ATMで入金をするという方法もありますが、決められた金額しか入金(返済)はできないのかというと、そんなことはありません。むしろ、返せるときに返してしまい、元本を減らすことは支払う利息を抑えるための手段なのですから、是非早く返してしまいたいものです(口座振替は毎月指定日に決まった金額の引き落としとなります)。

大手消費者金融のモビットは、有人店舗を持たない営業スタイルが特徴的なのですが、専用・提携ATMが幅広く用意されているので、カードでの入金には場所に困ることはありません。そして、もちろん繰り上げ返済も可能になっています。

モビットの融資を少しでも早く、しかも回数を少なく返済する理由としては、第一に負担する利息が軽減されること、第二に提携ATMを主に利用する方には利用手数料がかかってしまうことがあげられます。

第一の理由である利息の軽減は、モビットに限らず全ての融資に該当することですが、1日でも元本を減らすのが早ければ、その分だけ支払う利息は少なくて済む!この一言に尽きます。毎月のお給料に少しでも余裕があれば、最低限の入金だけではなく、できるだけ多くの金額を入金(返済)するように心がけましょう。

第二の理由である提携ATMでの利用手数料は、ATMの利用回数が多ければ多いほど、負担する金額が多くなるという、ものすごくシンプルなことです。繰り上げ返済をするときも、月に何回もというのではなく、まとめてドーンと入金することで、手数料を月210円に抑えることができます。さらに、多く返すということは返済回数を減らせることにもなりますから、ATM手数料の節約にもなってよりお得になるのです。

利息と手数料。どちらも大したものじゃないじゃないか、と思うなかれ。塵も積もったら数千円~数万円の差が生まれるものですよ。

住宅・車・キャッシング…各種ローンに共通する重要査定項目とは何か

ローンにも様々な種類があります。急な出費に応えてくれるカードローン・キャッシングローンというものをはじめ、複数の債務をひとまとめにする「おまとめローン」、車の購入には欠かせないオートローン、そして最も大規模な家の新築・増改築でお世話になる「住宅ローン」と、用途や金額も多岐に渡ります。

これらの全てに共通することとして、必ず審査が行われるということがあります。申込みだけで誰でもOKという融資は違法な業者以外には存在しません。必ず申込内容とその人の信用情報を基にして、融資可能かどうかチェックを行います。

審査のときに最も重要になるのが、「過去に延滞や債務整理などの事故、キズはないか」という点です。借りようとする金額が大きくなればなるほど、いかに長くお勤めしていようと、年収が高い人であろうと、審査に通らなくなる可能性がグンとUPしてしまいます。

逆に、多少の債務があったり、非正規雇用であったりしても、過去にキズなくきっちりと取引きをしている方には、カードローンなどの審査が通りやすい一面もあります。住宅ローンでは他の借り入れ自体が問題視されるケースが多いですが、それ以外のローンでは、むしろきっちり返済しているということがプラスに判断されることもありますから、いかに信用というものが大事かを知ることができますね。

たまに、「ちょっと延滞しただけなのに」と言われる方もいらっしゃいますが、貸し手から考えてみれば、その延滞がちょっとなのか踏み倒す気なのかはわからないわけです。「延滞=返済に問題あり」と考えられてしまうのは、仕方がないことです。そうならないためにも、「1日くらい、1回くらい」という甘えを捨てて、きっちり約束を守るようにしたいですね。

年齢制限はローン内容で違う!アイフルの年齢制限をみてみよう

消費者金融会社でも大手になると、主力商品はカードローンになっていて、契約期間内で融資枠内であれば何度でも借り入れができる非常に魅力的なものです。しかし、この主力商品だけではなく、他にも取り扱っているローンがあり、それぞれに条件が設けられています。その中でも年齢についてはどうなのか、大手のひとつであるアイフルを例にご紹介していきます。

【下限は20歳】
アイフルでは先に書いたカードローンのほかに、「借り換えローン」や「おまとめローン」、100万円以上の高額低金利融資を行う「ファーストプレミアムローン」、「目的別ローン」、限度額10万円の「わんポチッと。」など、多くの商品があります。そして、「ファーストプレミアムローン」以外の全てが『20歳以上』に設定しています。つまり、いくらお勤め期間が1年以上あっても、20歳未満の方は申込みができないということになるわけです。ちなみに、「ファーストプレミアムローン」は25歳から申し込めるようになっています。高額融資なので、社会人経験とそれなりの収入が求められるということですね。

【上限の目安は69歳】
最初に触れたように、アイフルの主力商品は何度でも借り入れができるカードローンです。しかし、いつまでも借りられるというわけではありません。借り入れは70歳になった時点でできなくなり、借り入れ分を返済していくのみとなります。これは「借り換え」「わんポチッと。」などにも適用されていますので注意しなければいけません。一方で「おまとめ」や「目的別」には上限設定がありません。しかし、一定の収入や返済能力は審査されることは覚悟しておかなければなりません。ちなみに、「ファーストプレミアム」は上限が59歳となっています。